脱獄アプリ&Tweak

【iCleaner Pro】iPhoneストレージを掃除して空き容量を増やす脱獄アプリ

今回は、iPhoneのストレージをお掃除して動作を軽くしてくれる「iCleaner Pro」の仕様や使い方を解説します。

iCleaner Proとは

iCleaner Proとは、iPhoneストレージの不要なファイルやシステム・キャッシュを削除して、ストレージを最適化してくれる脱獄アプリです。

例えば、Safari・SNSアプリ・ゲームアプリで読み込んだ画像・動画のキャッシュやログを一括削除したり、使われていない無駄なファイルを消して空き容量を増やしてくれます。

また、わからない方は無視して大丈夫ですが、iCleaner Proでは、MobileSubstrate系の脱獄アプリやデーモンの停止をしてバッテリーの消耗を抑えることもできます。

Proと言うからには有料なの?と思いきや無料で利用できるので安心してください。

詳細情報

  • 価格:無料
  • iOS:13.xまで
  • 製作者:Exile.90
  • リポジトリ:http://ib-soft.net/cydia

リポジトリ登録は以下リンクから行えます。

Cydiaで登録

Sileoで登録

ちなみに、脱獄環境Checkra1nでも正常に動作できました。

iCleaner Proの基本的な使い方

まずは、難しい説明は抜きで基本的な使い方から解説します。

アプリを開くと以下のように表示されます。

項目をオン・オフに切り替えることで、不要なファイルやシステム削除の選択を行えます。削除したい項目はオン、削除されたくない項目にはオフに設定しましょう。

基本的にデフォルト設定のままでも支障はありませんが、念のため項目は確認しておきましょう。各項目の意味がわからない方は以下を参考にしてください。

言葉の意味
  • 添付ファイル: SMS(CメールやEメールなど)の添付ファイルのキャッシュ
  • Safari: Safariの履歴・クッキー情報・キャッシュ
  • アプリケーション: 各アプリのキャッシュ・一時ファイル
  • Cydia: 脱獄アプリなどで使用されるキャッシュ
  • Cydiaソース: リポジトリからダウンロードされたリポジトリ内容
  • Cydia依存ファイル: 不要になったインストールされている脱獄アプリ
  • ログ ファイル: iOSクラッシュ時等に作成されるシステムのログファイル
  • キャッシュ ファイル: アイコンや各種画像などのキャッシュファイル
  • 一時ファイル: システムの一時ファイル
  • 拡張子ごとに削除: 次項で設定した拡張子のファイル
  • ユーザー指定: 次項で設定したフォルダやファイル

気をつけて欲しいこと

iCleaner Proでファイルを削除するにおいて注意してほしいのが必要なモノを誤って削除してしまうことです。

例えば、あるべきファイルが無くなり特定の脱獄アプリが起動しなくなったり、Safariの履歴やログなど削除したくないモノまで消えてしまったなど。そのような声をあげる方も少なくないようです。

そのため、あまり理解できていない項目をオン/オフ切り替えるのは危険です。このような場合は一番安全なデフォルトのままに設定しておきましょう。

不安な方はテストモードをオンにする

私が使ってみた限りだと、基本的にデフォルト設定のままで使えば支障なく、不要なファイルやシステムを削除してくれますが、もしも不安な方は設定からテストモードをオンにしておくことをオススメします。

テストモードをオンにすると、削除前にバックアップを取ってくれるので、万が一問題が発生したときに復元して元通りにすることができます。

初めて使う方はオンにしておいた方がいいでしょう。

設定が整ったら削除しよう

準備できたら右上の削除をタップします。

100%に達すると完了です。そのままリスプリングさせてください。

どれくらい無駄な容量が減るか

2ヶ月程使用した私のiPhoneだと3.7GB分削減できました。相当無駄なファイル・システムを溜まっていたようです・・・。

また、この記事を書く際にもiCleaner Proを使用したのですが、1週間ほど使ったiPhoneで770MB分削減できました。

私、漫画アプリや動画アプリを使う頻度が結構高いので画像を読み込む時に結構容量食われているんですよね・・・。こういう時にiCleaner Proは便利だなと痛感させられる。

個人的にはiCleaner ProはiPhoneを脱獄したら絶対入れるべき脱獄アプリだと思います。みなさんも是非、インストールしてみてください!